腰の肉割れができてしまう3つの原因

腰の肉割れ | できてしまう3つの原因

 

肉割れというとお腹にできやすいイメージがありますが、体の他の部位にもできることがあります。

 

 

そのひとつが「腰」の部分。

 

 

腰に何本もの線状の肉割れができてしまい、困っている人もいるようです。

 

 

通常、肉割れのできる原因は、肥満や妊娠・成長期の急激な体型の変化によって皮膚が引っ張られててしまうことに依りますが、腰の場合は他の理由でできてしまうこともあるようです。

 

 

【原因その1】激しい運動

どんなスポーツ・運動でも、腰部分は体の中心となって激しく動く部分になります。

 

 

ひねったり、折り曲げたりと、可動させることが必然的に多くなる場所です。

 

 

そのような激しい動きについていけなくなって、皮下組織が傷つき肉割れができてしまうことがあります。

 

 

【原因その2】急な筋肉肥大

原因その1とも関係しますが、スポーツをすることで腰周辺の筋肉が大きくなることも、肉割れの原因になることがあります。

 

 

肥満とは要因自体は異なるものの、体型の急激な変化という面では同じです。

 

 

特に成長期においては、部活動などで筋肉が肥大することと成長によって体が大きくなることが同時に起こることで、肉割れのできる可能性が高まることもあるといえます。

 

 

【原因その3】服やベルトによる締めつけ

腰はズボンやスカートを履いた時に、服が落ちないよう固定される場所になります。

 

 

服やベルトできつく締め付けられた状態で、皮膚との摩擦が起こることで皮下組織が傷ついてしまうこともあります。

 

 

一度出来てしまった肉割れは、自然に消えることはほぼありません。

 

 

また、刺激を与え続けることで、傷跡が広がるように範囲が大きくなることも考えられます。

 

 

肉割れが今以上にひどくならないよう生活習慣に気を付け、肌の保湿を怠らないようにすることが解消するための最善の方法です。

 

 

今一番売れている肉割れ対策クリーム
↓ ↓ ↓
ノコアクリームの公式サイトはこちら>>

page top